お知らせ

小中高等学校向け手書きタブレット教材「つながるドリル」 が、自学自習をサポートする機能を強化。さらに運用の柔軟性を高める「完全匿名モード」で導入時の負荷を軽減。

FLENS(フレンズ)株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役 大生隆洋)は同社が提供する、学級全体でつながって一斉にドリル学習をする手書きタブレット専用ドリル教材「つながるドリル」に教師の運用負担を軽減する機能強化を行いました。

今回の機能強化では児童・生徒がより効率よく自学自習するための解答解説機能のほか、学習結果を共有する際に個人が特定されない運用を希望する自治体/学校向けの機能として完全匿名モードを新たに搭載しました。完全匿名モードでも、回答結果を共有することで他者とのつながりを感じ、“やる気”を継続的に高める効果が期待できます。

自学自習をサポートするための 「解答解説機能」

3分間のドリル学習終了後、問題毎に解答・解説を確認することができます。

英語解説

運用の柔軟性を高める「完全匿名モード」

回答結果を共有することで他者とのつながりを感じることができる従来のニックネームモードに加え、自治体の運営方針や学校・学級の状況に応じて柔軟に運用できるように、友だちの学習状況を完全に匿名にしたのが「完全匿名モード」です。
現在、東京都福生市教育委員会と慶應義塾大学との共同実証プロジェクトで、一部の学校で「完全匿名モード」で運用しており、現時点では大きな差が生じていないことから、「ニックネームモード」と同等の学習効果を期待できると想定しています。

スクリーンショット (131-1)          スクリーンショット (131-1ニックネーム非表示)
従来のニックネームモードでの学習結果画面    完全匿名モードでの学習結果画面

「つながるドリル」とは

「つながるドリル」は、小中高等学校向けのタブレット専用ドリル教材です。手書き文字認識機能搭載により、即時採点・集計が可能です。従来のパソコン教材では難しかった、格段の “サクサク感” 、“ストレスのなさ” を活かし、制限時間内に速く・正確に解くトレーニングを重ねることで、基礎学力の底上げを目指します。

ネットワーク接続により同じ時間に学習している児童・生徒をつなげて一斉に学習できます。アバターにより、友だちの学習状況をリアルタイムに見ることができるので、やる気の向上につながります。

岡山県、東京都、愛知県の小学校でのトライアルに加え、東京都福生市、他自治体にて採用をされ、高い評価を得ています。

 

報道関係お問い合わせ先 FLENS株式会社

担当:小泉

TEL:03-5718-7500 Mail:info@flens.ne.jp

ホームページ:https://i-drill.jp/

ニュースリリース:https://i-drill.jp/information

 

Top